バイクで旅するエンジニア

バイクでシェアハウスを転々とする生活が目標の社会人1年目

ヴァイオレット・エヴァーガーデン紹介&感想

f:id:nomore1013:20180129125804j:plain

京アニが制作しているヴァイオレット・エヴァーガーデンを三話まで視聴したのでその感想です。前半はまとめですので感想だけみたい人は感想までどうぞ、感想はネタバレ含みます。

 PV

まず初めに!私が説明するより一瞬でこのアニメの良さが分かる動画を見てください!

アニメーションの良さに感動します…

私も初めてこのPV見た時は感動しました。無際限のファントムワールドや境界の彼方のアクション描写も綺麗でしたけど、戦闘シーンじゃなくてもここまで動きを出せるのは流石京アニです。

 

ヴァイオレットエヴァーガーデン京都アニメーション大賞京アニが主催しているライトノベル賞)にて初めての大賞受賞作品ですのでアニメ制作の方にも気合が入ってたことが伺えます。ちなみに京都アニメーション大賞の過去の受賞作の中でも「Free!」や「中二病でも恋がしたい!」は有名ですがどちらも奨励賞です。つまり今までの京アニ作品よりもストーリーに期待をかけてもいい作品ですね。

 

あらすじ 

ホームページにて綺麗にまとめられています。

主人公のヴァイオレットは軍人としてこれまで成長してきたので、自分の意志がない機械のようなヒロインです。感情がないヒロインが人の温かさに初めて触れつつ成長してゆく話は数あれど王道なので良いですね。プラスチックメモリーズは何故か誰も覚えていない。

 

主人公以外にもキャラが複数いますがそれぞれ面白い背景がある伏線がこれまでに貼られてますのでここの掘り下げ回にも期待できますね。何より自己投影型の男主人公が出てこないのが良いですね。

 

世界設定

世界設定はホームページに詳しく書かれていてそこからおおよそ世界大戦が行われた辺りの近世と思われます。その根拠としてまず初めに物語に深く関わってくるタイプライターから考えてみます。

舞台の中心となるライデンシャフトリヒに関する世界設定から

”同時に女性の社会進出が急速に進んで行った。戦後、社会進出が進んだ女性の憧れの職業、その一つが自動手記人形である。

またwikipediaの働く女性から

1874年、タイプライターが市場に登場した。タイピストは女性の仕事とみなされるようになり、女性が事務職に就くようになった

働く女性 - Wikipedia

 

第一次世界大戦が1914年から始まります。また豊富な資源を輸送するために鉄道網が発展して近代的な陸海空軍が発展したとの記述もありますのでそこから大体の世界をイメージできますね。

実際に主人公が突撃歩兵として戦場を駆けてるシーンも見られます。

f:id:nomore1013:20180129111416g:plain

ヴァイオレットの回想シーン

 

舞台設定

場所についてですがライデンシャフトリヒは港町です。

f:id:nomore1013:20180129124819j:plain

 魔女の宅急便の舞台となったドブロニクだったりヴェネツィアだったりを思い出す景色ですので地中海がモデルでしょう。このような表現が難しそうな舞台をアニメーションでやってくれるのは良いですね。

 

3話でもこのシャフトリヒの景色の綺麗さを褒めるシーンがあり舞台に浸れる意味でも楽しめます。

 

感想とかまとめ 

視聴後

三話まで見てそれぞれのキャラの作り込みや主人公の成長を魅せるストーリーに感動してましたがこうやってまとめる内に世界設定もかなり練られてる事が分かってますます続きが気になる先品になりました。

 

ヴァイオレットが事ある毎に「愛してるの意味が知りたいのです」と言うのはやややりすぎな面もありますがオタクとして気持ち悪く楽しみましょう

 

「戻ってこない」

一話の初めからギルベルト少佐の安否についてホッジンズ中佐は言葉を濁していて死んだかのように思われますが最後まで名言はしていないのでギルベルト少佐はあくまで生きているが何か他の理由で「あいつはもう…戻ってこない」と言われた可能性が高いと思っています。また作者が著書インタビューにて

――作品を創る上で心がけていること、大事にしていることは何ですか?

最初と最後は美しく。読後の余韻が良いこと。読まれる方が没入出来るようにページとページに文章がまたがらないことです。

暁佳奈 インタビュー | 京都アニメーション大賞

 と述べているので少なくとも読後の余韻が良い(意味深)はずです。

 

周囲のキャラ

3話で舞台はヴァイオレットが通う学校に移りますがそこでできた友人の話も良かったですね。これからは今回の様に主人公と各キャラを絡ませつつ成長していく話になるのでしょうか。ベネディクトも実はギルベルト中佐と会社を共同設立してる上にカトレアにも「男のくせにいつまでも!」なんて言われてるのでここの話も後々語られることに期待できますね。

 

アニメーション

境界の彼方の様にバトルシーンはありませんので分かりやすく綺麗なアニメーションはありませんが、ヒロインの柔らかさの表現や光の色彩など他の面で良さを感じることができます。現状では今期一番期待できるアニメだと断言できるのでこれから最終話に向かって毎週楽しみができたのが嬉しい限りです。

 

最後に

もしまだヴァイオレット・エヴァーガーデンを視聴していないなら是非見てください。「百聞は一見に如かず」です。それではまた次の感想で。