バイクで旅するエンジニア

バイクでシェアハウスを転々とする生活が目標の社会人1年目

2017/08/30

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

映画館で初めて予告を見たときは正直期待のできるものではなかった。けれども後に米津玄師の音楽のついたPV見た瞬間にビビっときたものがあって視聴。

 

 

まとめ

ストーリー自体はPVとは違わなかったが、悪い意味で予想を裏切るオタクっぽい話だった。色々ツッコミどころがあるから映画見終わった後にあーだこーだ言えるのは良いところ。少なくともメアリと魔女の花にはないもの。

 

以下ネタバレ

PV見た時から「あの時やり直せたら(意味深)」って主人公が言ってるからタイムスリップものであることは容易に想像がついたがそれ以上の進展がなかった。

原作は後に自分の初恋に気づく切なめの内容らしい(未確認)。実際に映画館でも前半はその様な哀愁のようなものを感じたが途中で謎ミュージカルが挿入されて雰囲気が壊れた。ディズニー映画には非常にマッチするのにオタク映画とミュージカルの相性の悪さはなんなのだろうか。

 

いつも映画の感想を述べる時には言ってることだがいかに視聴者に次の展開を予想させないかが物語において重要。その点ではタイムスリップが分かるまで、その分かった後逃げ切るまで能力駆使して世界がおかしくなるところまでは容易に予想がついて残念。

 

また設定が中学生の割にはくだらない下ネタに加えて、くどいくらいに繰り返された打ち上げ花火が平たいのか丸いのか論争は内容が幼すぎて終始違和感があった。

 

ヒロイン

メインヒロインはPV時は戦場ヶ原ひたぎ劣化コピーにしか感じなかったが動いてるところを見てると良いヒロインだった。

 

劇中では主人公とメインヒロインの背景について全く触れられてなくて背景補完するには非常に厳しいものがあるが、そこは別の作品から引用して楽しんだ。適当にメインヒロインは転校生で主人子が覚えてないような些細な事で優しくしてもらったことから自分でも気づいてない恋心を持ってるとかで良いんじゃないだろうか。むしろ見ている人次第で無限に楽しめるところなのでここが一番面白い。

 

映像については随所に3Dが使用されていて、これからシャフトが3Dを使っていく意気込みを感じられて期待させてくれる点で良かった。同様にひるね姫でも3Dが使われていたがこちらは見るに耐えないものでシャフトの実力を感じた。ただ楽園追放にははるかに負けるので頑張って欲しい。

 

最後に

色々言ったけど最終的には「見て損ではない」作品だったと思う。こうしてブログを書いて見たくなるくらいには言いたいところがあった。

 

せっかくなんで今年見た下から見た打ち上げ花火を貼っておきます。

f:id:nomore1013:20170830221950j:plain