労働は負

9月から週4日労働になるので週5日労働している内に書き出しておく。

根底にある考え方

「一巻の終わり」という言葉がある。自分の死に対する考え方である。死んだ後に残るものは何もないし何をしたとしても死んだ後は平等だ。生きていること自体に価値はない。つまり生きている以上「幸福だ」と感じていない限り死んでいる状態以下であり、将来的にプラスに転じる可能性がないなら死んだほうがマシ。

働く前の労働に対する価値観

労働する前、なぜ働かないといけないのかわからなかった。高校受験の時に将来の職業を決めることができなくて親に「なんでしたくもない仕事で週5日働かんといかんの?」と聞いたことがある。「したいことは見つからないのが普通だよ」と答えてくれたことを覚えている。繰り返しになるが平日を全て労働に捧げるということは「労働が幸せ」な場合、若しくは「休みの幸福度が5日の労働を上回る」場合でしか生きている意味はない。当時の自分にとって「労働が幸せ」はありえず、2日の休みは5日の労働を埋めることはできない。後者の考えは今でも変わらない。当時の自分にとって労働とは負であり社会人≒地獄だった。
ここから労働に対する価値観が生まれている。労働は生きていく上でマイナスである。実際に働いてみてぼんやりとした予想が事実に変わった。自分にとって週5労働はキャパシティを超えている。じゃあなぜ現時点で辞めていないのか、自分でも無自覚だったが最近やっと形になってきた理由がある。

労働を続ける理由

「社会と接する」という意味があると思っている。*1人と関わらずとも楽しく生きることはできる。ただ世の中のコンテンツは多数派に向けて作られているし社会参加しないとどんどん「人」と価値観がずれていく。「人」から離れた時、「人」が楽しむものを楽しむことは難しくなるし楽しめるものの範囲はそれだけ狭まる。常識に合わせることはそれだけ楽で手っ取り早い手法でもある。金を稼ぐという意味が先行しがちであるが社会参加しているというコミュニティ的な幸福は少しだが確かにあった。*2
労働は何のためにするのだろうか。明日10億手に入ってそれでも仕事を続けるという人は何人いるだろうか。そういったフラットな観点から向き合って収支がマイナスであれば辞める、という考えを常に意識していきたい。

これから

未だに労働に対する上手な付き合い方はわかってない。常に東南アジアに飛んで大麻でもコカインでも吸ってヤケになりたい気持ちが心にある。ただ探せば自由な雰囲気で働かせてくれる会社はあるし実際2年目の自分に対して週4日という働き方を認めてくれている会社もある。
社会参加、ある程度の自由に使えるお金。この二つに加えて自分が好きに働けているうちは労働を続けるだろう。現状の理想はもう一日2時間ほど時短して週4日。またなんか考えが変わったらまとめると思う。

*1:もちろんこれが仕事である必要は全くない。働くと職場の人間との付き合いが自然と発生するので手っ取り早いからだ

*2:労働をしなかった場合の幸福を1とした時に労働をすれば1.1~1.2になるというくらいの程度だが

ギークハウス沖縄にてバイクで観光したぞ!!

ギークハウス沖縄に来てます。いやー最高ですよ沖縄。観光満足度一位 or 二位の街なだけあって異国感あるにも関わらず飯はうまいという最高の観光地です。
他の方のギークハウス沖縄に関してのブログを読むと観光面について書かれてる方は少ないギークは外に出ないのでバイクで二日観光した視点から書きます。

観光

那覇市はやはり観光客が一番による場所なので客を食ってやろうという感じが強いです。(台湾の夜市も同様で最大と言われる士林夜市が一番面白くない)私があまり那覇市に滞在していないせいもあると思いますが車を借りて複数人でドライブで海眺めつつ観光するのがベストだと思います。
以下は私が訪れた観光地についての情報です。

那覇国際通り

The 観光地で並んでいる店舗の5割くらいがお土産物屋なので進んでいく必要はない。とりあえず近くまで来たので寄ったがタコスだけ食べて退散した。

斎場御嶽(せーふぁーうたき)

那覇市から86号線を通って訪れるとめちゃくちゃいい感じに海の見える場所を通っていけるので良い。沖縄に古くからある信仰でタイミングが良ければ実際にお祈りしている人もいたりして雰囲気良い。
86号線から見える景色

Cafeやぶさち

いい感じに海が見えるカフェ。適当に寄ったが手作りで作っているというケーキは美味しくかなり当たりだった。
カフェから見える眺め

玉泉洞(ぎょくせんどう)

鍾乳洞は神秘的な雰囲気で良いが併設する沖縄ワールドを無理やり通らないといてない点がBAD。沖縄ワールドの運営やめて入場料1280円から減らしたほうが世の中のためでは? 鍾乳洞
頭上注意の看板

ガンガラーの谷

玉泉洞のすぐ隣にある。要予約で玉泉洞のついでに見たい。私は予約していなかったので見れなかった。

万座毛

Googleで一万件超える割には崖の景色しかなく、駐車場も遠いので損した感じしかしなかった。現在観光用の建物を建設中なのでそこで景色を眺める以外に何かできるようになるかもしれない。
名物の景色

なかむらそば

うまい沖縄そばの店。 ソーキそば、沖縄そば、アーサーそばの三種類の内アーサーそばを選択。麺にもアーサーが練りこまれておりかなり美味い。
アーサーそば

古宇利島

2005年に橋が開通して車で行けるようになった島。近年熱い沖縄の観光スポットらしい。橋からの景色は沖縄1だしビーチもありドライブもできるので人気なのも頷ける場所。オーシャンタワーと呼ばれる場所からビーチと橋を写真撮影できるが入場料は800円かかり謎のカートに乗せられるギャグのようなアトラクションがある。 橋の上からの古宇利島
オーシャンタワーからの景色

辺戸岬

那覇空港から4時間かかってこられる岬。ギークハウス沖縄からでも93kmあり、一日かけないと行って帰ってこれない。行きは西の海岸沿いを走ってきたがここまで観光してくる人は少数なので海を眺めつつ本当に気持ちよくドライブできた。辺戸岬自体にはレストランしかなく観光には期待できない。

やんばる国立公園

辺戸岬から東を回って南に帰ると通過できる。当たり前だが人里はなく観光客もわざわざ走らないので杉の植林が行われていない原森林を心ゆくまで(50kmほど)楽しめる。
山 途中で本土ではおそらく見られないヤンバルクイナ出没注意看板が見られるのでレア。実際にバイクで走っていると何度も道路上にいるのを見かけることができた。
ヤンバルクイナ出没注意の看板

バイクレンタルについて

沖縄に飛行機でついた次の日からバイク借りて観光していました。 バイクレンタルの格安情報を現地で調べたのでこれから沖縄でバイクを借りる予定の方に共有しておきます※2019/09時点の情報です

プレジャー沖縄

50cc 13000円/月 + ヘルメット500円/月
50cc 16000円/月 + ヘルメット500円/月
私が最初に借りようとした店舗ですがやはり最安値だけあって人気の様で一月待ってくださいと言われました。 チケットを購入した時点でバイクレンタルも予約しておきましょう。
ちなみに年間契約でレンタルもできる様でその場合は36000/年です。3ヶ月以上滞在するのであればこちらで契約してもいいかもしれないです。ただ観光が終わると原付を使う機会はかなり減る(引きこもり特有)ので私の場合は1ヶ月で十分でした。

インリンク

50cc 13000/月 + ヘルメット1000円/月
125cc 16480/月 + ヘルメット1000円/月
私が実際に借りた場所です。私は中型免許を持っているので125ccを借りました。50ccで観光するには沖縄は少し広いですね。沖縄市から辺戸岬まで93km(GoogleMap)ありますし。。。

ライカムレンタカー島袋店

~125cc 18500/月 + ヘルメット不明
ギークハウス沖縄からギリギリ徒歩で行ける距離にある店舗。 沖縄市から那覇市までバスで1000円はかかるので往復料金を考えるとこちらの方が安い

終わりに

ギークハウス沖縄にくるということは1ヶ月は滞在される方だと思いますので飯に関しては旅行中に探すよりは住居付近で探すといいと思います。ギークハウス沖縄のScrapboxがめちゃめちゃ役に立ちます。地元民御用達の店も観光客向けの店も両方あるのでコンスタントに外食していけばだいたい満足します。(私は現在🌮しか食べてない)
またギー沖周辺で飯開拓したらそれについてまとめようと思います〜それでは。

上賀茂御園橋 美味い飯

TL;DR

上賀茂御園橋周辺ではみその橋サカイ焼き豚冷麺が美味い。足を伸ばせばとうひち鶏醤油ラーメンが美味い。

レビュー詳細

今井食堂

3Q52+8G Kyoto, 京都府

上賀茂橋から上賀茂神社へ入る手間へを左に曲がるとすぐ左にある。京都らしくいわゆる「うなぎの寝床」で入口がかなり狭いので見つかりにくい。入ると両サイドにカウンターが並んでいて3人以上で入ると会話に困りそう。メニューは鯖煮定食,おすすめ定食 ,チキンカツ定食の三つ 名物が鯖煮なので鯖煮定食を頼んだ。噂通り真っ黒の鯖煮で確かに美味い。ただ鯖煮と白飯だけだとちときついので次は小さい鯖煮が入っているおすすめ定食を注文すると思う。ある程度ボリュームがあってこの値段なので相場より少し安いくらい。昼しかやってないので仕事に行く平日は来れないのが残念。美味い魚料理が食いたくなったらリピする。店の写真は忘れた。 f:id:nomore1013:20190715153147j:plain:w500

神馬堂

3Q52+5J 京都市京都府

売っているものは「やきもち」のみ。一つ100円と買い食いに最適。 午前中に訪れたが作っている最中で二つしか注文してないにも関わらず作りたてのものを出してくれた。これが素朴な味でうまい。甘さが赤福のようにきつくなく焼き目のパリッとした食感と合っていてまた食べたくなる。 こちらも上賀茂神社近くにあるお店。Google Map上では午後4時まで営業とのことだが私が昼過ぎに訪れた際には開いていなかったのでおそらく品切れまでの営業だと思われる。

f:id:nomore1013:20190715152652j:plainf:id:nomore1013:20190715153255j:plain

みその橋サカイ

3P4W+RR 京都市京都府

焼き豚ラーメンが名物。お店の中のカウンター席に座ると右側にテレビに出演した写真が貼られている。実際焼き豚冷麺は美味い。モチモチとした麺でサクッと食べられるので夏の時期には食べたくなる。気に入ったのでこれを書く前までに数回リピした。定食を頼むと冷麺にライスがついてきたのでこれには失敗。冷麺だけ食べに来る分にはいいと思う。 上賀茂御園橋を上賀茂神社から渡ってまっすぐ行き右側に見えてくる。駐車場は道を挟んで反対側になるので注意。

f:id:nomore1013:20190715152846j:plain f:id:nomore1013:20190715152833j:plain
焼き豚冷麺 外装

ラーメン天骨庵 慶心

3P4W+VR 京都市京都府

鳥白湯デロデロ系、極鳥と比べると味濃いめ麺硬め。私が訪れた際には注文してから茹でてもらったのだが面が固すぎてバリカタだった。ミスったのかこれが店主の決めた味なのかはわからないが固め好きの私でも美味く無い。注文の際に伝えれば柔らかめにしてくれるそう。スープがゼラチン状じゃなくまだスープの原型があるのは良い。味濃いめなのでライスセットで〆るの前提と思われる。

f:id:nomore1013:20190715152703j:plain f:id:nomore1013:20190715152715j:plain
鶏白湯ラーメン 外装

麺や 賀ら茂ん

3P4X+C2 京都市京都府

醤油と背油醤油の二種類。背脂醤油を注文。カレーパウダーが最初からトッピングされておりこんなに合うのかと驚く。ラーメン自体は通常の醤油を今風にジャンキーにした味で上品に整ってるので美味い。チャーシュー丼も注文したがこちらもカレースープがタレとして乗っており美味い。次は醤油を食ってみたいと思える店。

f:id:nomore1013:20190715152725j:plain f:id:nomore1013:20190715152857j:plain
背脂醤油 昼に行くと休業だった

リバース

3Q52+QC 京都市京都府

上賀茂神社西にある定食屋。昼時に訪れるとワンコイン以下で定食が食べられる。そのため常に京都産業大学生がいる上カウンター席はないので独り身に慈悲はない。手軽に腹を埋めたいときはここ。

f:id:nomore1013:20190715152748j:plainf:id:nomore1013:20190715152759j:plain

らぁ麺 とうひち

3P3R+J9 京都市京都府

昼夜15食限定の鶏白湯ラーメンは食べられなかったが鶏醤油を注文。細めの麺が素麺のようにツルツルなのだがしっかり歯ごたえがあり不思議。スープは王道かつ上品な味で背脂 or 煮干しで疲れた京都のラーメン舌の清涼剤になる。友人と来やすいラーメン屋なので受けテているのは納得。 上賀茂御園橋からは離れるが美味いラーメンを食べたいならこっち。店は綺麗風にしているにも関わらず店中ギットギトでラミネートされたメニューの表面に油が浮いてるのはドン引きした。

f:id:nomore1013:20190715152821j:plain f:id:nomore1013:20190715152909j:plain
鶏醤油 祝日昼

まとめ

  • Google Mapを頼りに京都の飲食店には入ると5割くらいテレビに出演しているのでどんだけテレビは京都の飲食店特集を組んでるんだと若干呆れる。
  • 京都のラーメン屋はライスで〆るの前提の店が多すぎないか?
  • 京都のラーメン屋はとりあえず鴨肉を入れてくるがこれは最高に美味い。チャーシューより鴨肉を標準にしてくれ。

書評まとめ 正義と微笑(太宰治)とか

正義と微笑

太宰治の小説。無料で公開されている。 俳優を目指す少年の日記を読む形式の物語。実際に太宰治の弟子に日記を記していた人物がおり題材にしたらしい。 文豪の文章を読むと毎回思うことだが現代の私たちが見ても問題なく読めて楽しめるという点に驚く。自分の数年前のブログですら「当時はこういう流行りがったな」という視点を入れて読まないと不自然な文章があるはずなので当時を全く知らない人でも物語の本筋を追える。これが良い文章というものであろう。 少年は憂鬱としているか楽観的なのか、日記なのでコロコロ感情が変わるがそれが素の感情のようで面白い。自分にも響いた言葉があるので引用する。

引用

真理の発見は必ずしも人に快楽を与えない。智慧の実は、にがいものだ。

自殺。けさは落ちついて、自殺を思った。ほんものの幻滅は、人間を全く 呆けさせるか、それとも自殺させるか、おそろしい魔物である。

善く 且つ高貴に行動する人間は 唯 だその事実だけに 拠っても不幸に耐え得るものだということを私は証拠立てたいと願う。

NOSQLの基礎知識 ビッグデータを活かすデータベース技術

仕事で必要で読んだ。NOSQLの基本思想が学べるのが良い。本自体はかなり古いので今から読むには飛ばしても良い細部もあった。 CAPなど重要な概念もNOSQLを通して学ぶことができる。

なるべく働きたくない人のためのお金の話

『年収90万円で東京ハッピーライフ』と同じ著者。以前はなぜいわゆるスローライフをしていたのか自分の経緯とともに語っていたので自著伝のような本だったが今回は以前からフォーカスをお金の話に移した。 本人は何度も「狙ってスローライフをしているのではない」ことを主張。当時は東京での生活に消耗しておりそこから逃げ出そうとした結果働く時間を少なくして余裕を取り戻したとのこと。スローライフブームも所詮は一過性のものに過ぎないので自分の生活を見つめないして検証しつつベストの距離感を模索していくことが大事とのこと。 他人からの評価をあてにして自分の行動を決定することは最終的に続かない。自分が行動を決定するとき「他人からの影響を受けて決定しているもの」なのかそれとも自らの思考で決定していることなのか、明確に区分することはできないが常に考えて選ぶ必要がある。

知の整理術

特筆すべきような内容はないが電子ツールでのメモと手書きのメモは明確に使い方を分けているのは参考になった。また、電子書籍と紙の書籍では脳の使っている箇所が違うことも参考になった。リラックスして読みたい場合は紙の書籍という話には根拠があったわけになる。

プシスファイラ

現在普及しているインターネットの機能がもしクジラに搭載されていたら、そしてその機能が自己の復元と自己の共有に使用されたらというSF。 プログラマーやってるので多少理解できたが本の内容はおそらく情報系の大学生が勉強するネットワークの内容をもとにしている?私で半分くらい理解できたくらいなので完全にIT系の人向けのSFである。 現在の科学技術の延長線上でいくつかのフィクション要素を入れる。これがSFの醍醐味であるがこの作品にはそれがある。ネットワーク系の機能が発展した未来。そしてその未来がどういった結末を迎えるのか、丁寧に描写されておりそういった要素を求める場合には良い。やや物語性に欠けるので情報系にさっぱりの人には厳しいだろう。

名称未設定ファイル

無料なので見たが携帯小説のようなSF短編集。暇つぶしにはなった。

脳にいいことだけをやりなさい!

成功例とよくわからん研究を20個くらい上げて洗脳する系の本。 茂木健一郎の訳書だがこの前の不登校Youtuberの擁護を見るところこの人とは思想が合わないから関わらない方が良さそう。ただこの本からも得られたことがある。著者がアメリカ出身だが向こうの文化圏ではキリスト教の思想が一般的なのでその思想を刺激する方法として「大いなる力」や「世界は自分を味方している」といったパワーワードを使いがち。これは仏教が語っている「諸行無常」の思想からは離れているように見えるが結局は「何が起きても環境のせいにして悩むのは時間の無駄だから解決に動け」といったことを説いている。これは宗教関係なく人間の性質を攻略する上で役にたつ情報なのだろう。幸せになるメソッドは同じだがそこに至るまでの過程の理由づけは色々な方法があって世界的にはこのような洗脳系が受けるみたい。

メモ

  • 自分の脳がどう評価するかによって幸せが決まる。幸せの値は変えようとしなければ一定の値になる。
  • 瞑想は科学的に効果あるらしい※(TODO 別の本読む)

書評まとめ FACTFULNESSとか

ニンジャスレイヤー第一部

アニメ化した際に初めて知った口だ。 以前読んだ時は第一部のネオサイタマ・イン・フレイム部分を全て読んで投げてしまった。半分くらい内容を忘れてしまっているので読み返したがいい意味でニンジャスレイヤーは内容が無いので全て読む必要もなくラオモトとの最終決戦だけ読んだ。 現在はザイバツ強襲、キョート編を読んでいるがこれがまた面白い。ある意味日本らしさが出るのは京都なので作者のSF日本解釈が存分に出されていて最高だ。 色々引用したい場面はあるが次を引用しておこう。

ネオサイタマからの観光客は、キョート・ニュービーであることにコンプレックスを抱く。無理からぬことだ。それはエジプト文明にも匹敵するキョート平安文明に対して他所者らが感じる、名状し難いある種の畏怖なのだろう。

唐突に横に並べられるエジプト文明とキョート平安文明!京都はよそ者に態度が冷たいという現実を皮肉りながらエジプト文明と比較する。この数行で裏設定の奥行きが一気に広がり読み進めていく上でワクワクが止まらなくなる。 これだからニンジャスレイヤーはやめられない。

「我」を貼らない人付き合い

貧乏入門と違いこちらは人付き合いに特化した本。小池さんが解釈した仏教の内容からわかりやすい形でその苦しみから逃れる方法をといてよかった。あくまで人間関係に絞った話なので自分にとってはいまいちかな?恋人に対してついついこう当たってしまうだろって内容は自分的にはピンとこなかったし。 ただ家族に対して人は貪欲に自分を認めてもらいたいと求めてしまうということについては思い当たるところがあって自分の結婚観が変わった。恋人に対して慣れるにつれて貪欲にどこまで自分がダメになっても求めてくれるか人は求め続けてしまう。最終的には破綻の道にしか歩まない。恋人であってもそれは人と人との関係の持ち方と変わらない←と言ったようなことを書いていた。これはそのまま家族との付き合い方にも当てはまって今まで「家族なら」と背負いすぎていたようなことが楽になった気がした。

弱虫ペダル(漫画)

kindleで無料になっていたのでインターハイ編までほぼ30巻あったのだが全て読んでしまった。以前も同じ箇所を読んでいたのだが全く飽きずに読み直せて弱虫ペダルのすごさを再確認した。

魔法使いの嫁(漫画)

ハイファンタジー作品。イギリスが舞台なので漫画の力を使ってそれっぽい雰囲気を楽しめる。ファンタジーにしてはわかりやすさ重視なのでさくっと読める。

「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義

「死は一巻の終わりである」との考えから死ぬとはどういうことなのか、今残っている人生をどのように扱っていくべきなのか、かなりわかりやすく解説している点が良い。死についてここまで平易な文章で語ったものは今まで出会ったことがなかった。 ただこの著書には「自分が脳みそだけの存在でバーチャル上で自由に人生を歩めるとしたらそれは幸福だろうか」という思考実験がある。著者は反対意見があるとした上でそれは幸福では無いと述べている。個人的にはここはかなり相容れない考えだ。人間の思考とはただ本能的に決定づけられていることで幸福さ、というものはそこまで高尚なものでは無い。という考え方が私の根本的な考え方だ。完全に自分の幸福を再現できる装置があるとしてそれは自分が人生を歩んでいる場合と何が変わっているのだろう。偽物か本物かというのは些事に過ぎないと私は考える。

FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

素晴らしい本。ビルゲイツが大学で入学生に無償で配るほど話題になったらしい。情報が溢れている現代において実践的に正しくデータを見ることができるようになる本。 自分がメディアに昔からうんざりしていた理由に気付かされた。インターネット上にも大量の誤情報が出回っているがそれを違う視点から見れるようになる。何かしらニュースを見ても無駄に精神を煽られることがなくなったので自分的には2019年で一番良かった読書。

動物になって生きてみた

この本の著者は2016年にイグノーベル賞を受賞している狂人である。動物になって生きてみたとは比喩的な表現ではなく実際に実践したことについて語られている。 アナグマ、狐、カワウソ、アマツバメの四種の動物になった体験について書いている。 著者がなまじ生物学の知識と自然派な思考があるせいで常人には考えつかないような再現度で体験を語っている。半分ほどは動物がどう考えているのか宗教的?ポエム的な記述が大半を占めるのだがこれがまた読んでしまう。正直人を選ぶ内容だがこの本をかけるのはこの著者だけだ。と言い切れる先品は数少ないのでその点については一回読んでみるといいのかもしれない。

メイドインアビス

ハイファンタジー?なのに比較的丁寧に世界設定について掘り下げてくれるので良い。なんかハイファンタジーなのにグロいんだけど。。。とか思ってたら作者がリョナ好きでびっくりした。

冴えない彼女の育て方

エロゲをやらなくなって久しいが久しぶりに夜通し熱中できたラノベ。加藤が可愛い。若干の丸戸要素とキツめのメタ要素が良い。

空白の5マイル

ざっくり書くと近年まで探検家が探検していた箇所に著者も憧れて単独で言ってみた話。ただ言った時の主観の話だけでなくこのチベットのツアンポー峡谷がどれだけロマンのある箇所なのか背景を踏まえつつ進めてくれるので自分も探検しているような臨場感がある。正直探検とか全く興味なかったのに最後には引き込まれてしまった。 特に人生に役にたつとかそういうわけでも無いのに熱中できる本はすごい。

自分に週5労働は向いていない

ポエム書きたくなったので書く。

今回のGWではっきりと思ったのは自分には週5労働は向いてなさそうということだ。いつからかは忘れたが冬が開ける辺りから体調が崩れて土日はひたすら体調を戻して平日はなんとか労働をこなすという日々が続いていた。

会社は比較的"ゆるい"会社で残業は無いしかなり裁量のある働き方を認めてくれる。会社からのストレス要因はないと言っても過言ではない。あるとすれば給料が安いくらいでこれは自分にとっては納得済みで入ったことなので問題ない。

これでもストレスが徐々に蓄積してGWに入っても最初の5日程度はひたすら午前中にウォーキング、午後からは読書をして夜に軽くゲームをして寝るという生活を繰り返していた。普通に活動できているようにも思われるが常に精神的なダメージからくる不安感が付きまとい実際何をやっていても楽しくないというデバフ付きだ。

ひたすら隠居生活を続けていると体力的にも回復してきたのかこうしてブログを書くくらいのことはできるようになる。生産的...とも違うが"エネルギーを使う"活動もできるようになってくる。

長期休暇に入るまで休日はひたすら休む&働くを繰り返していてもなんの意味もないしだいぶ体調が回復した今でもこんな思考なのでできるだけ少ない額で生活できるように節制して働く時間を下げる方が良さそうだ。

自分をまともに変えようという努力をするよりなんとか自活力をつけるべきである。自分に向いたやり方というやつを模索していこう。

紅葉シーズンより若干早めな貴船神社

京都の秋の観光について

京都は例年11月中旬から下旬にかけて紅葉のピークを迎える。その時期に京都訪れることができればベストだが用事が重なって行けなかったり、人混みの中観光するのは嫌だという人もいるだろう。

私も人混みが嫌いなのでピークシーズンに行かなくても紅葉を楽しめるのか、今回試してみた。 結論から言うと「十分楽しめる」である。今回左京区に存在する有名な京都の観光スポット二箇所を訪れたが紅葉を感じ取れることができた。特に貴船神社は申し分ない色付きで人混みとトレードオフと考えると最高だ。

ピークシーズンに行けないひとの参考になれば幸いである。

交通手段

f:id:nomore1013:20181112073926j:plain
道中の紅葉、徒歩で向かう人が大勢いた
貴船神社までは京阪終点の出町柳駅から乗り換え、叡山電鉄から終点まで乗ることでたどり着ける。私はバイクで行ったので詳細はわからないが紅葉の時期は電車が紅葉で染まった木々の間を抜けるので景色がいいそうだ。

貴船口からは徒歩で行くか貴船神社まで往復しているバスに乗ることになる。バス停にはこの時期でも行列ができていたので覚悟しよう。車は唐牛で駐車スペースが残っていたので車で訪れた方が良いかもしれない。

貴船口から貴船駅までは2.1kmとちょうどいい距離なので公共交通機関を使って訪れた人はぜひ歩いて向かおう。道中は道路にかかる紅葉を見つつバイクを走らせることができて最高だった。

f:id:nomore1013:20181112074022j:plain
貴船神社まで道路脇に続く川

貴船神社

f:id:nomore1013:20181112073955j:plain
貴船神社
f:id:nomore1013:20181112074033j:plain
例の撮影スポット
貴船神社までの階段には紅葉灯篭がサイドに並んでいるがよく写真の題材にされる割には微妙だった。人が多くいたせいかもしれないのでここで神聖な雰囲気を感じるためには早朝に来なければならない。

階段を上った先には紅葉を見て腰を下ろせる場所がありしばらく腰を下ろして眺めた。縁結びの神として有名なので若者がかなり長い行列を作って参拝していた。出店も出ているので何か食べつつ参拝したい。

f:id:nomore1013:20181112074008j:plain
貴船神社からの景色

帰る最中に気づいたが貴船神社前には可愛らしいイラストがある灯篭が川に設置されていた。

f:id:nomore1013:20181112074044j:plain
貴船神社前の川
貴船神社は水を司る神として有名なので行事ごとに使われるのであろう。夜に来ると綺麗に映るのは間違い無いのでぜひも一度来てみたいと思える場所だ。

ここに腰を下ろして川を眺めていると紅葉した葉が絶え間なく木から落ちてそれを眺めるのが非常に楽しい。ここで神事が行われていたのも納得ができる。

圓光寺

もう一つ、左京区に存在する紅葉スポットに訪れた。有名な銀閣寺からも近く訪れやすい。

f:id:nomore1013:20181112082435j:plain
入り口
圓光寺南禅寺派に属する寺で禅寺らしく、石庭や茶室が存在していて素朴な雰囲気の感じる寺だった。貴船神社より標高は低いためここには紅葉はまだまだかなとも思ったが綺麗な赤色に色づいている木々もあった。
f:id:nomore1013:20181112082405j:plain
圓光寺の代表スポット
ひさしと軒先きに切り取られた風景が綺麗で思わず息を飲む。京都に来て良かったと思える瞬間だ。

f:id:nomore1013:20181112083058j:plain
庭の中にある小さな地蔵
swarmのtipsとして発見した地蔵。紅葉が添えられていて観光客が見つけやすいようにしていて微笑ましい。

終わりに

京都に長年住んでいる人に聞いても京都は秋が一番過ごしやすく綺麗なシーズンらしい。鴨川をまったり歩くだけでも満足できるので納得だ。来週もどこか紅葉の有名なスポットを訪れようかなと思う。